ボルダリング体験

子供から大人までみんなで楽しめるスポーツ!

施設情報

ボルダリングとは?

2020年の東京オリンピック正式種目に決定したスポーツクライミングのひとつで、ロープを使わず5m以下の低い岩や岩壁を登る手軽でシンプルなスポーツです。

​屋内ジムでは自然界の岩や石の代わりに色のついた様々な形の「ホールド」という突起物を登っていきます。難易度別にルートが設定されていますので、初心者から上級者までどなたでも楽しむことが可能で、道具はクライミングシューズとチョークだけなので、気軽に始めることができます。

梅の里ボルダリングウォールについて

みなべ町清川・旧清川中学校体育館内にあるボルダリング施設です。わかやま国体で利用された設備を再利用しており、人工壁は高さ約5m、幅約20mで、張り出した部分もあり、難易度別に約30のルートが設定されています。

また、10名以上の利用(経験を含む)団体に有料で貸出も可能です。(土日祝可)利用時間、体験時間、ボルダリング施設開放等のスケジュール詳細は「梅の里スポーツクライミングクラブ」公式サイトでご確認ください。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 梅の里ボルダリングウォール(清川ボルダリング施設)
住所 和歌山県日高郡みなべ町清川2202
電話番号 0739-74-3134
ホームページ 梅の里ボルダリングウォール(清川ボルダリング施設)
アクセス 阪和自動車道 みなべICから車で約20分
駐車場 あり(無料)
営業時間 18:00〜22:00 ※子供は20:00まで
料金案内 利用料:200円(18歳までは無料) レンタルシューズ:100円(18歳までは50円)
団体利用 10名以上(※経験者を含むこと) 施設使用料についてはお問合わせください。
TOP