有間皇子結び松記念碑

孝徳天皇の皇子 有間皇子が、謀反の罪に問われ、護送される途次、岩代で松の枝を引き結んで、
磐代の浜松が枝を引き結び
  真幸くあらばまた還り見む

家にあらば笥に盛る飯を草枕
  旅にしあれば椎の葉に盛る(万葉集)

と歌を詠み、岩代の神に自分の平安の無事を祈りました。岩代の地はその後、熊野街道の名所となりました。

お問い合わせ先

お問い合わせ先みなべ観光協会
ご住所和歌山県日高郡 熊野街道
電話番号 0739-74-8787
TOP