西岩代八幡神社

西岩代八幡神社について

西岩代八幡神社の回舞台(長床)は、県指定無形文化財の子踊りを祭礼の時に奉納する舞台であり、以前は青年たちや旅役者の芝居も上演する舞台でもありました。 桁行7間、梁間4間の大きな建造物で、明治15年に再建された県下最古の回舞台のある長床です。

岩代のお祭り

西岩代八幡神社の秋祭り

西岩代八幡神社の秋祭り (体育の日の前日に開催) には、小学校6年生以下の児童の子踊りが奉納されます。西岩代八幡神社では、千本桜、花桜、扇舞、黒髪の舞、奴房踊りが奉納されます。 踊りの起源は、慶長頃に狂言などを奉納していたものが、元禄時代頃、上方から芸能者を招き、今日の踊りを奉納するようになったといわれています。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 みなべ観光協会
ご住所 和歌山県日高郡みなべ町西岩代523
電話番号 0739-74-8787
TOP