観光情報

SIGHTSEEING

岩代王子

岩代王子

  • 観光スポット
  • 歴史・文化
  • 熊野古道

桓武天皇の廷暦年問(782~806)に鎮座したと伝えられ、熊野九十九王子の一社として栄えました。古代から中世にかけて花山法皇、後鳥羽上皇など歴代上皇や責族が、近世では紀伊藩主や田辺領主をはじめとした多くの人々が当社に参詣されています。 明治初年、神仏分離令によって、王子社の本地仏の如意輪観音と、小栗判官が如意輪観音に暴風雨の災難を救っていただいた御礼に奉納した馬頭観音を分離し祀ったのが千里観音堂で、厄除け観音としても知られています。 現在の本殿は安永5年(1776)に再建されたもので、熊野九十九王子社の本殿の中でも、切目(きりめ)、三鍋(みなべ)王子社と共に古い建造物です。

詳細情報Information

お問い合わせ先 みなべ観光協会
ご住所 和歌山県日高郡みなべ町西岩代1558
電話番号 0739-74-8787

アクセスマップAccess map

TOP