鹿島神社

鹿島神社について

みなべの沖合に浮かぶ「鹿島」に鎮座する鹿島大明神は、奈良時代以前に常陸の国(茨城県)の鹿島神宮から勧請したと伝えられ、宝永と嘉永の大地震の津波からみなべの街を救ったといわれ、島全体が信仰の対象とされてきました。

御神徳(ご利益):災害防除、武運長久、子孫繁栄、成功勝利、子授安産

鹿島神社奉納花火祭

毎年8月1日に南部湾で開催される花火大会。
起源は、約300年前の江戸時代の宝永5年(1708)。宝永4年10月28日に起こった大地震の津波が発生した際に、南部湾にある鹿島が波を2つに分けて被害を最小限に抑えたことへの感謝の気持ちから毎年行われております。

鹿島神社の秋祭り

鹿島神社の秋祭り (毎年10月第3日曜日に開催) は、「埴田の神輿」、獅子舞 、町無形文化財に指定されている「南道の奴行列」(3年に1度参加) や、「芝崎のふとん太鼓」(随時参加)などが祭礼に参加し、大勢の見学人たちを楽しませてくれます。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 鹿島神社(カシマジンジャ)
ご住所 和歌山県日高郡みなべ町埴田20
電話番号 0739-72-4573
お祭り 花火祭り:毎年8月1日 20時〜21時(■打ち上げ数…約1800発)
秋祭り:毎年10月第3日曜日
アクセス 阪和自動車道みなべICから車で約10分
駐車場 あり(無料・南部中学校、南部小学校グラウンド)
TOP