伝説の神の島 鹿島(かしま)

江戸のむかし、八代将軍徳川吉宗が紀州藩氏の頃、日本最大級の地震「宝永の大地震」が日本列島を襲いました。続いて太平洋沿岸では引き潮がおこり、大津波で付近の村々は寛大な被害を蒙りました。当時の記録では鹿島から巨大な鬼火が現れ、島が大津波を二つに分け、みなべの郷を守ったことから翌年、神恩感謝の花火を村人が奉納し、毎年8月1日に盛大に行われる鹿島奉納花火祭へと引き継がれています。

朝日、夕日のクルージングで心をリフレッシュ

水平線や遠くの山並に太陽が見える瞬間は、
言葉では表せない美しさ。漁船上からの特等席です。

年中、船で鹿島に渡って水泳やキャンプ、釣りなども楽しめ、
プライベートビーチ感を味わえます。

島内ではマナーを守って楽しみましょう。ごみは必ずお持ち帰りください。

お問い合わせ先

電話番号 渡船 090-9048‐4489(わだま渡船)
鹿島問い合わせ 0739‐72‐4573(鹿島神社)
FACEBOOK
https://www.facebook.com/Wadamatosen/
アクセス埴田漁港から船で約10分
駐車場埴田漁港
料金案内中学生以上 税込1500円

小学生 税込1000円
TOP