梅の里トレイルラン2019

梅の里トレイルラン2019大会のエントリー9月1日(土)から受付開始

トレイルランニングとは

トレイルとは登山道や林道などを意味し、場所の高低に関わらず、舗装されていない主に山などの自然の中を走るアウトドアスポーツです。

足元が不安定な所や、急な登り坂など、さまざまな表情の自然の中を走る為、登山靴やランニングシューズともまた違った、軽く走りやすくグリップの良い専用のシューズを使用します。

また、一度山に入るとすべてが自己責任という環境の中で自分の身を守る為、走るコースや距離、時間によって最低限の装備、食料、水分などを専用の小型バックパックに入れて走ります。​

トレイルランニングにはタイムや順位を競い合う競技も数多く存在し、距離も20kmに満たないものから100km以上を数時間かけて走るレースなど色々あります。

基本はアウトドアスポーツ(遊び、レジャー)ですので、アスファルトを走るマラソンのように、常に走り続けている必要はなく、自然の中を体感しながら走ることができます。

山の基本的なルールとマナー(他のトレイル利用者への配慮、トレイル以外に入らない、植物を採らない、ゴミは持ち帰る、登り優先等)を守り、地域住民への配慮はもちろんのこと、何より自然(山)に感謝をし、自然を楽しみ、自然と一体になりながら走って「遊ぶ」のがトレイルランニングの魅力です。

大会アドバイザー 栗原孝浩さん(トレイルランナー)

2016.4 青梅高水山トレイル30k優勝(3連覇)
2016.12 TOKYO八峰マウンテントレイル40k優勝(2連覇)
※2016東京トレイルランニングシリーズチャンピオン(2連覇)
2017.3 新城トレイル11k優勝(4連覇)
2017.7 板室温泉トレイル30k優勝
2018.6 美ヶ原トレイル90k準優勝

群馬県伊勢崎市出身の陸上自衛官。

学生時代の陸上・駅伝競技で培った経験と、実業団時代のマラソンで養った技術を活かして、現在は、トレイルランナーとして、競技を始め、様々な活動を楽しみながらトレイルランニングの普及に力を入れている。

レース以外にも、地元群馬県「渋川伊香保温泉トレイル」や、和歌山県みなべ町「梅の里トレイル」のレースアドバイザー、トレランクリニック(講習会等)の講師を手掛ける他、清掃登山活動やブラインドランナーの伴走協力などの活動をしている。また、「前橋トレラン部」の部長として、様々なイベントを取り入れながら、地元群馬県を中心に県内外で幅広い活動を行っている。

大会のエントリーについて

平成31年2月24日(日)に開催される、梅の里トレイルラン2019大会の申込みが9月1日(土)から開始されます。

お電話での申込み・お問い合わせ

スポーツエントリーカスタマーサポートセンター

  • 0570-039-846​

※ガイダンスが流れますので、①⇒申込回線、②⇒お問い合わせ回線となっております。

ボランティアスタッフ募集

ボランティアスタッフの募集は終了致しました。

主催 梅の里トレイルラン実行委員会

和歌山県みなべ観光協会

人と自然にふれ合う街、みなべ町へようこそ